ばきおがんま

創作漫画のことや、日常のことなど。

むしろしたい家事

家事時間削減しましょう、効率よくやりましょうって言われてますけども、

私は家事好きなんだよー。

作画の仕方変えて出来た時間を何に使ってるかっていうと、

家事してるんだよー。

シャツにアイロンかけたり、掃除したり、ご飯作ったりするのが幸せなんですよ。

文字通り生活するために生きてるようなもん。

生活を楽しむために、仕事してお金稼いでるんです。

お金稼がないと、ご飯作る食材買えないし、珈琲豆買えないし、掃除グッズ買えないもんね。

今日はパウンドケーキの型を買ったよ。

珈琲を美味しく淹れられる練習をしているから、お菓子も焼く様になったよ。

やっぱり家のことするのは楽しすぎるよ。

そもそもどうせ

なんか、数年前のある時から、

「あ、人間ってそもそも幸せがデフォなんだな」て思ったんですよ。

何かを為したら、こういう環境だから、こういうものを持ってるから、だから幸せ、ではなくて。

別に何を為してなくても、普通の環境でも、何も大したもの持ってなくても、常に幸せなんだって。

 

て言っても、常にそう思ってる訳ではなくて、割と忘れててまた思い出してを繰り返すのだけども。

 

タンスの角に小指ぶつけても、頭に金たらいが落ちて来ても(若い子に通じるかなこれ)、それでも関係なく、幸せなんだって思ったんですよ。

 

昔「トーマの心臓」を読んで、なんか頭で理解するというより、感覚で先に感動しちゃって、ボロ泣きしたんだけども。

もしかしたらユーリもこういう気持ちだったのかなぁ。

 

『僕は幸福ではなかったか?』

『それでも僕は幸福ではなかったか?』

 

つまり何が言いたいかというと、

トーマの心臓の作者、萩尾望都先生は素晴らしい!てことです。私の神様です。みんなも読もうぜ!!漫画なのに文学だぜ!!

 

 

だもんで、何があっても「あ、そうか、私幸せだったわ」て思い出して生きるようになった。

常に幸せな今が連続してあるっていうか。

 

 

だもんで、「どうせ幸せだしな、どうせ私って素晴らしいしな」って思ってる。

それは例外なく、誰しもがそうで、遅かれ早かれ気付くんでしょうね。幸せな理由なんて探さなくても、幸せが標準装備なんじゃんって。

 

 

なんか愚痴ってる人を見ても「大丈夫、あなたもどうせ幸せだし、どうせ素晴らしいんですよ」て、思って見てる。

まあ、コレは余裕のある時だけな。

余裕無いときは「うっせえ!!」って思ってます。

そこはまだ未熟者なんでね、さーせん。

 

 

 

 

 

絵を簡略化

作画を進めておりまして、今月中にはアップ出来そうだなぁと思っております。

16pの短編です。

 

しかし、あれだな。

絵を簡略化したので、速い。

作画が速い。

あと、描いてて楽しい。

ドラゴンも描いてて楽しかったけど、ドラゴンは自分の画力で描けるとこまで頑張るって目標もあったのですけど、これやると本当にマジで終わらねぇと思いまして。めっちゃ時間かかる。仕事しながらだから、余計にかかる。

あと当時はなんか、「上手くないといけない」プレッシャーが勝手に出てきまして。

だからなんやかんやで1p描くのに5時間とかかかってたんですよ。

 

でもドラゴン描き終わって、ふと思ったんですよ。

「漫画って、別に絵はそこまで上手くなくてもええんちゃう?」

って。

今回は感覚でサクサク描いてるんですけど、これがまた楽しい。

 

下手なのも味やな!と開き直っております。

 

 

絵のうまさやない、なんかこう…、感覚や!!

 

今はネームを描きつつ、次の絵柄を模索中。

多分こういう感じの絵になります。これの何がいいって、線を重ねてないところね。前は丸ペンでゴリゴリに線を重ねてたので、すごく時間かかってました。

こちらの絵はミリペンで一発描きなので時間がかからない。すぐ終わります。

 

時間がかからないとか書いていいのかわからんけど。手抜きじゃないねん。多分。多分ね。

これが神絵師とかだとアレなんでしょうが、漫画なのでね。

私が超絶絵がうまいタイプの漫画描きならよかったのでしょうが、違ったー。ドラゴンスレイヤー描いててよく分かった。「私、絵うまくねえな」って。でもドラゴン描いてて楽しかったのでよしとしますけど。

だから背景とかももう頑張らない。パース定規でちょちょいよ。

 

しばらくはファンタジーはお腹いっぱいなので、現代ものになります。

とりあえず上記の女子高生がなんやかんやする話を作ってます。16pぐらいの予定です。ドラゴンとは違い、ポップなお話です。

できたらマンガハックさんやアルファポリスさんにアップすると思いまーす。

 

 

 

GW何しよっかな。

計画立てて、過ごすことにしました。

 

あと急にコーヒーを淹れることにハマってしまって、明日コーヒーの器具が届くので、自分好みの美味しいコーヒーを淹れる研究を進めていこうかと思います。

それとコーヒーに合うお菓子を作るのもいいな。とりあえずプレーンなパウンドケーキから。

ハチミツや、バナナを入れて焼いてもいいなぁ。

 

あとは漫画を描きます。16pくらいの短編。

ドラゴンスレイヤー描いてて思ったのだけど、決して絵がうまい訳ではないのだけど、仕事しながらだとあのクオリティでもしんどいなあと。1pに5時間くらいかかるんですよ。だからもっとサラッと描いてもいいかもしれないと。理想は1pに1〜2時間くらい。

なので次描くものは、絵のクオリティがガクッと落ちます。でも漫画って総合力なので、もしかしたらそれはそれでいい味が出るかもしれません。ちょっと楽しみ。あと元々はファンタジー描きたい人ではないので、しばらくは現代ものというか、もうちょっと馴染みやすいものになるのではないかなと。

 

アニメもスパイファミリーを見ないと。アーニャ可愛すぎる。

したいことリストを作って、コツコツこなしていこうと思います。

 

 

 

todoリスト

todoリストを使うようになりました。

ていうのも、人間は行動することよりも、何をするかを決める方が疲れるのではないかなと思いまして。

なので、何をするかを決めれる余裕がある時に、todoリストにやることをひょいひょい入れて、ただその通りに実行するというのをやっています。

日常の家事もほぼルーティーンで回しているので、今から洗濯物取り込んで~掃除して~とかって考えなくても、身体が勝手に動きます。

疲れてるときでも、何をすべきかを分かってるときは行動できます(よっぽど体がしんどければ寝ますけどね)。

疲れてるときに、次何すればいいんだっけ?と考える方がしんどいと思うのです。

先取りしてやること決めていれば、余った時間で「明日は○○する予定だから、今これやっておこう」と動けて、明日の自分をちょっとだけ快適にさせてあげられます。

決めた通りに動くなんて堅苦しいし不自由だと思っていたけれど、ちゃんと結果は残るし、時間の使い方が少しうまくなりました。

何より自分との約束をちゃんと守ってるわけだから、自分に対する信頼が上がりますよ。

 

 

早寝早起き。

漫画を早朝に描くようにしたら、体力有り余ってるので楽に描けるようになりました。

今までは仕事して、家事して、やること全部やってさあ漫画描こう!だったので、漫画描くときにはヘトヘトだったんですね。

朝早く起きるためには夜早く寝ないといけないので、どれだけ遅くとも22時には寝るようにしました。

そうするとあまり睡眠時間変わってないのに、なんか体がスッキリするんですよ。

早く寝るのって大事なのですね。

あとこれでなのか分からないんですけど、私はちょっと甘いもの依存みたいなところがありまして、スキあらばチョコをパクパク食べたりしてたのが、ピタッと止まりました。

もしかしたら夜に作業するのがさらに脳の疲労になって、その補給として甘いものを欲していたのかもしれないなぁ。